鉄道乗入れで広がるエリア | 住まいを探すなら立地が大切|一戸建てを建てる注意点
住宅模型

鉄道乗入れで広がるエリア

もう田舎の路線ではない

住まい

憧れのマイホームを新築するにあたって、東京都心に通勤する人ならば、誰でもその土地選びには苦労するものでしょう。都心に近ければ地価は高く、一戸建て住宅などは夢のまた夢です。しかし、あまりに遠いところで新築を手に入れても、毎日通勤するのに疲れてしまう、こういった悩みを抱える人が多くいます。そこで注目されているのが、東武東上線です。東武東上線とは、もともと池袋を発着とし、東京を北西に向かって埼玉に抜ける鉄道です。朝霧台を通り、川越を抜け、坂戸、寄居までいけるその民間鉄道は田舎へ抜ける鉄道というイメージが強かったのですが、地下鉄有楽町線や副都心線が乗り入れることとなってからは、都心を利用する人たちの重要な交通手段となりました。そして現在では、東急東横線と横浜高速みなとみらい線ともつながり、都心だけでなく横浜までも乗り換えなしで行けるようになり、大変便利になったのです。

埼玉から横浜へ乗換えなし

東武東上線の都心地下鉄乗り入れは、毎日の通勤に非常にプラスに働いていますが、Fライナーの開始により、横浜までのアクセスもかなり便利になりました。これは通勤や通学を考える上では大きなメリットではないでしょうか。都心では手の届かなかった一戸建て住宅が、東武東上線エリアであれば駅からの徒歩圏内でも新築住宅が3000万円以下で購入できるところもあります。都心に近い住宅に無理をして住むくらいなら、自然が残る土地でのんびりと暮らすことも視野に入れてもいいでしょう。東武東上線エリアは、今新しい住宅街が数多く出来ています。いろいろなスタイルの新築住宅を選ぶことも出来るオススメの地域なのです。